青汁のケールとはどんなものなのか

青汁には、様々な野菜の成分が沢山含まれているのですがその中でも特に主となっている野菜は3つなんですね。その、3つの野菜の中でも今回は栄養素が特に豊富なケールという野菜と青汁の効果についてを詳しく解説していきましょう。

青汁のケールの効果について

ケール、というのは野菜の一種でアブラナ科の物なのですがグルコシノレートという成分が含まれているのが特徴的です。この、グルコシノレートですが実は人間の大病であり天敵と言ってもいい癌に対しての癌予防の効果が期待する事が出来るという事が研究でわかってきているんですね。

グルコシノレート、という成分は葉や茎などに主に含まれていることの多い物質で、抗癌作用が非常に強いという効果が報告されている物なんですね。

対応している癌の種類も、肺がんや胃がん、大腸がんや乳がん、前立腺がんと言った、様々な癌に対して有効であるという事がわかっており、健康に気を遣うのであれば絶対に外してはおけないと言ってもいいくらいの野菜なんです。

ケールとはどんな野菜なのか

ケール、というのはアブラナ科の葉野菜でキャベツの厳守とも言われているんですね。非常に生命力の高い野菜で、ケールは一年中栽培する事が出来る野菜としても名高いですね。元々の原産はヨーロッパで、日本に渡ってきたのは江戸時代と歴史もそこそこ長いのが特徴的ですね。

その生命力の高さ、強さに注目を浴び品種改良が何度も行われてきているのですが、実はその品種改良の結果がキャベツ、大根、ブロッコリーと言った非常にメジャーな野菜なんです。ケールは、ビタミン、ルテイン、カルシウム、食物繊維、メラトニンといった成分が豊富に含まれているほかβカロテンは人参の2倍もの含有量と言われており、非常に栄養価が高く通称野菜の王様、という風に呼ばれているんですね。

癌予防の他、生活習慣病の予防にも効果があるのですが血糖値などの改善、善玉コレステロールの増加と言ったような効果を期待することもでき、その栄養素の利点は非常に多いです。

ケールの利点

ケール、というのは正に野菜の王様なんて呼ばれているだけあって野菜のいいところになっているような栄養素の殆どを含んでいるという物なのです。現代人だけでなく、昔の人でも健康維持に必要な成分が沢山含まれているという非常に歴史の長い野菜なんですね。しかし、ケールという野菜を食事で摂る事があまりないからこそ青汁のような物が有用なのです。

関連記事

    None Found

コメントを残す