青汁の三大原料をチェック

青汁は、健康食品として非常に有用な物だとされており生活習慣病の予防や慢性的な食生活の野菜不足を補ったり出来るなど非常に万能な使い方をする事ができます。しかし、青汁は無条件でいいというわけではなく青汁の中でも特にいい条件の物というのがありますので紹介していきましょう。

青汁に欠かせない物をチェック

青汁、というと様々な野菜や果物などをたっぷりと含んでいる飲み物というイメージがありますが、実は取り扱っている業者によって青汁というのは含まれている野菜や果物の種類が違う事が多いんですね。

販売会社独自の配合などをしているのですが、その中でも青汁を選びをするさいにはこれが入っているかどうかをチェックし、これだけは絶対に入っていないといけない、という物があるんですね。

それは、大麦若葉、ケール、明日葉です。これらは、青汁においても特に栄養価の高い野菜になっており言ってみれば青汁の栄養素の主軸を担っている物だと言っても過言ではないわけです。だから、青汁選びをする時はその青汁にはまずこの3つの野菜が入っているかどうか、ということを原料の部分でチェックしておくと失敗する事がなくなるでしょう。

青汁の三大原料

大麦若葉、ケール、明日葉は青汁の中でも3大原料と呼ばれており特に野菜の中でも非常に栄養価が高い物として青汁には欠かせない野菜になっているんですね。主に、栄養素としてはビタミンやミネラルが沢山含まれているだけではなく他の緑黄色野菜などには含まれていないような栄養素もたっぷりと含まれているところが特徴的です。

なので、青汁を選ぶ時に原料にこの三大原料が必ず全部含まれているかをチェックしてください。一つ欠けているだけでも、その青汁は他の青汁に比べても栄養価が格段に下がってしまいますので、青汁としての価値も大きく下がってしまうと言わざるを得ないでしょう。

一つでもそうなのですから、当然2つ欠けているないし一つも入っていないような青汁に関しては、望みの栄養は得る事が出来ない物だと言い切っていいでしょう。

三大原料の特徴

青汁の三大原料である大麦若葉、ケール、明日葉は青汁の主軸と言ってもいい栄養素を含んでいる物ではあるのですが逆に言えばこの青汁の主軸の3つこそがあの青汁の独特のエグミや苦味を生み出しているとも言えます。なので、味の方はまた別の成分などで調整されているかどうかをチェックしないと飲み続けるのは辛いかもしれません。

青汁のタイプで見極める

青汁は、健康アイテムとして非常に便利な物であり様々な日本人にとっては非常に馴染み深い物になっていますね。しかし、青汁が注目を受けているので色んな種類の青汁が世の中に出回っているのですが、これを見極める事が実はとても重要なんのです。

青汁の栄養価を見極めよう

青汁には、色んな種類の物が今は出回っているのですが主によく使われている物は、冷凍青汁と粉末青汁ですね。冷凍青汁は、所謂青汁の液体のような物を凍らせて保存している物で、青汁を飲む時には解凍してから飲むというような飲み方をする物でした。

もう一つのタイプは、粉末青汁というのですが此方は所謂粉ジュースのような物で水に溶かして飲むというような青汁でした。粉末タイプの青汁は、青汁の成分などを加熱処理したりするという必要があり加工が必須なので、その加工工程において栄養素などが壊れてしまったりするので、冷凍して青汁の栄養素分をそのまま閉じ込める事が出来る冷凍青汁の方が野菜の栄養価が損なわれない、という事で栄養素としては冷凍青汁に軍配があがる形になっていたんですね。

しかし、現在は製造技術が向上することによって粉末青汁でも栄養価が損なわれにくくなってきているのです。

粉末青汁の技術向上

粉末青汁は、野菜の栄養素を損なわないように非加熱処理で加工するということが出来るようになったお陰で、粉末青汁でも栄養分を損なわずに製造する事が出来るようになったんですね。冷凍青汁、というのは栄養素は粉末青汁よりも高かったのですが毎回飲むたびに解凍しなくてはいけない、という手間があったのがあまり気軽ではなかったんですね。

しかし、昨今では粉末青汁であっても冷凍青汁と同じくらいの栄養を摂取する事が出来るし、粉末青汁は溶かして飲むだけなので手軽で飲みやすく、続けるのも大変ではないという事で今のおすすめは完全に粉末青汁になっている、と言えるでしょうね。栄養面から見ても、劣らなくなったのは非常に大きいといえるでしょう。

青汁の成分にも気をつけて

粉末青汁が、栄養価が損なわれずに出来るようになったとは言え、合成添加物が多く含まれているタイプの商品だったり未だに非加熱処理を行わずに熱処理を行っているというところもあります。

なので、粉末青汁がどれでも良くなっているわけではありませんので、栄養価や美味しさ、価格などを見ると共にどのように処理して製造しているかもチェックしておいた方がいいでしょう。